筋トレとウォーキング(有酸素運動) 順番は?1番効果的なダイエット,筋肥大,プロテインの3つの順番

筋トレ ウォーキング 順番有酸素運動
スポンサーリンク

筋トレ(無酸素運動)とウォーキングジョギングランニング水泳(有酸素運動)の順番っていつがいいのかな?毎日していいの?それとも別の日

「ダイエットも健康的に効率のいい順序が知りたい。体脂肪率を減らしたい!筋肉量を落とさないようにしたんだけど。。。」確かにそう思います。

あなたに今回はこれらの疑問を順番に解説していきます。

スポンサーリンク

筋トレから有酸素運動(ウォーキングやジョギング)の順番がダイエット(脂肪燃焼)に効果的。

筋トレから有酸素運動(ウォーキングやジョギング)の順番がダイエット(脂肪燃焼)に効果的。

筋トレから有酸素運動(ウォーキングやジョギング)の順番がダイエット(脂肪燃焼)に効果的です。

理由は基礎代謝をあげることによって効率良くダイエットにつなげることができるからです。

  • 筋トレ→有酸素運動(ウォーキングやジョギング)の順の具体的な理由は筋トレでまず糖質をなくしていき、有酸素運動で脂質を脂肪絞っていくイメージになります。
  • 筋トレで発生する乳酸は、有酸素運動(ウォーキングやジョギング)で消費されて先に筋トレをやれば、有酸素運動では早く心拍数が脂肪燃焼に効果的な拍数に上がる(だいたい100~130)
  • 筋トレ前には軽くウォーミングアップに10分ぐらい有酸素運動するとその後の筋トレの効果もさらにアップしますがあくまで体をあっためる程度で。
  • 筋トレも脚→背中→胸と大きい筋肉群から筋トレマシンや自重筋トレでやっていきましょう。

しかしながら筋肥大(体をおおきくしたい)を目的にもしたいのだけど。。。

そんな場合次のトピックで詳しく説明しているのでそちらをご確認ください。

以上が筋トレの次に有酸素運動をすることによりってダイエット効果があるとゆうことになります。

スポンサーリンク

筋肥大狙いなら筋トレ後に有酸素運動(ウォーキング)ではなくストレッチが効果的。

筋肥大狙いなら筋トレ後に有酸素運動(ウォーキング)ではなくストレッチが効果的。

筋肥大を目的としたいなら筋トレ後には有酸素運動(ウォーキング)をするのではなくストレッチ程度が効果があります。

そのわけは筋肉は乳酸を受け入れる受容体があります

例えば筋トレ後に有酸素運動をすると筋肉までも受け入れてしまう乳酸が受容体に受け入れてしまうと筋肉を強くする(肥大しない)成長ホルモンがでてしまいます。

したがって筋肥大を狙いなら筋トレのあとは有酸素運動(ウォーキング)じゃなく、ストレッチ程度のほうがいいことになります。あなたの目的によってトレーニングメニューの順番を変えてみてください。

筋肉トレーニングと有酸素運動の時間配分3つの疑問,脂肪燃焼ダイエット,筋肥大の効果的な順番と時間を解説

スポンサーリンク

筋トレとウォーキングのプロテイン摂取タイミング(順番)

筋トレ ウォーキング プロテイン タイミング

筋トレウォーキングのプロテインの摂取タイミング(順番)をお教えします。

理由として筋トレ前なのか後なのかで吸収の違いがでてくるからです。

一般的には筋トレ後に飲むといいとゆわれています。ただ筋トレ有酸素運動を繰り返しているとエネルギーがいるので朝食と昼食の間、昼食と夕食の間、夜寝る前に飲むといいともゆわれています。

以上が筋トレ時の有酸素をしてプロテインを摂取するタイミングの説明でした。

 

スポンサーリンク

筋トレとウォーキング(有酸素運動) 順番は?1番効果的なダイエット,筋肥大,プロテインの3つの順番/まとめ

「筋トレとウォーキング(有酸素運動) 順番は?1番効果的なダイエット,筋肥大,プロテインの3つの順番」いかがでしたでしょうか?ご理解いただけだでしょう。以下にもう一度まとめると

  • 筋トレから有酸素運動(ウォーキングやジョギング)の順番がダイエット(脂肪燃焼)に効果的。
  • 筋肥大狙いなら筋トレ後に有酸素運動(ウォーキング)ではなくストレッチが効果的。
  • 筋トレとウォーキングのプロテイン摂取タイミング(順番)。

でもまだ筋トレも始めたばかりだから順番か関係無く自分の生活タイミングに合わせて、さらに目的としてダイエットなのか、筋肥大なのかを決めて進めていけばいいと思います。筋トレも有酸素運動も色々な種類があるので効果的に行い健康的な自分の理想の体をゲットしていきましょう!

それでは

この記事が参考になれば友達にシェアしてあなたも筋トレ博士になりましょう!

またフォロー ,いいね,をして最新情報をゲットして友達との話題にしてくださいね!

それではレッツボディシェイプ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました