筋肉トレーニングと有酸素運動の時間配分3つの疑問,脂肪燃焼ダイエット,筋肥大の効果的な順番と時間を解説

筋トレ 有酸素運動 時間配分有酸素運動
スポンサーリンク

筋肉トレーニングと有酸素運動の時間配分が知りたいんです!本当にあなたは効果的な時間配分って何分?して筋トレ行えばよいか理解していますか?

「効率よく筋トレして脂肪燃焼ダイエットしたいんだけど。。。」「筋肥大してる時って有酸素運動していいの?」たしかにそう思いますよね。

そんなあなたに今回は目的別の筋トレと有酸素運動 時間配分をご紹介いたします。

スポンサーリンク

筋肉トレーニングと有酸素運動の時間配分、一緒に行っても問題がない良い理由

筋肉トレーニングと有酸素運動の時間配分、一緒に行っても問題がない良い理由

筋トレーニングと有酸素運動の時間配分ですが一緒に行っても問題がない理由があります。

理由は本来筋肉トレーニングしていると有酸素運動によって筋肉が分解していくとゆわれてますが、以下を守れば有酸素運動と組み合わせて筋肉を減らすことなく脂肪燃焼ダイエットでカットできます。

  • プロテインやBCAAやEAAまたはそれに代わる食事を補うこと
  • 筋トレ前後に時間配分を守らず有酸素運動を長時間行わないこと

以上をきちんと守れば有酸素運動による筋肉の減少はおさえられます。

以上が筋トレーニングと有酸素運動の時間配分、一緒に行っても問題ない理由になります。ご理解いただけたでしょうか?

スポンサーリンク

筋肉トレーニング後の脂肪燃焼ダイエットに効果のある有酸素運動と時間配分と順番

筋トレ後の脂肪を減らすダイエットに効果のある有酸素運動と時間配分と順番

筋肉トレーニング後の脂肪燃焼ダイエットに効果のある有酸素運動と時間配分と順番について説明します。この説明を知っていただきたのにはわけがあります。

そのわけは運動による代謝量とカロリー消費による基礎代謝量を上げるためです。また有酸素運動→筋トレ→有酸素運動である理由は筋肉トレーニング前は安全確保と筋トレの質の向上です。筋トレ後は糖質が枯渇して脂肪消費しやすいホルモンがでている状態だからなのです。

  • 筋肉トレーニング前のダイエットに効果のある有酸素運動は10分 ダイエットといえど体が冷えている状態での筋トレは関節の怪我のもとなので体を温めるアップをとして行います。股関節を多く動かすのでバイク系の有酸素運動がおすすめです。3分走っても息が切れないペースで行う。その後に怪我予防に動的ストレッチをおこなう。
  • ダイエット時でも筋肉トレーニングの時間配分は1時間 筋トレを1時間に設定するわけは1時間を越えてしてしまうと筋肉をエネルギーとして消耗してしまうからです。正しい正しいフォームで自分に合った重量、回数、セット数をこなしていけばより時間を短縮して効率的に筋力をアップできます。「量」は最小限にして「質」で勝負!その後に静的ストレッチを行うとダイエットに良いです。(次に疲れを残さないため。)
  • 筋肉トレーニング後のダイエットでの有酸素運動は30分 最後の有酸素運動は30分以内にする訳はこれも筋肉の合成がうまく行われず筋肉の消耗がおこるからです。5分間走っても呼吸が乱れないペースで走る。それから50%から100%ペースで時間内を走るようにする。

しかしながら張り切ってこれらを行う前後はしっかり水分と栄養を取りながら行いましょう。空腹時や食後直後は内臓に負荷がかかり体調が悪くなるので30分以上空けてからおこないましょう。

以上が筋肉トレーニング後に脂肪燃焼ダイエットに効果のある有酸素運動時間配分と順番の説明になります。筋トレ前にHIITを行うとより効果的にその後の筋肉トレーニングや有酸素運動も集中して行えます。

スポンサーリンク

筋肥大の場合の効果のある筋肉トレーニング後の有酸素運動の時間配分

筋肥大の場合の効果のある筋肉トレーニング後の有酸素運動の時間配分

 

筋肥大の場合の効果のある筋肉トレーニング後の有酸素運動の時間配分についてご紹介しますが基本的に筋力増強の場合は有酸素運動は行わないほうが良いとゆわれています。筋肥大(無酸素運動)はグルコースを消費し、有酸素運動は脂肪酸を消費します。これらには理由があります。https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/exercise/s-02-001.html

その理由は高い負荷のトレーニングをする時は筋トレ前に有酸素運動をするとエネルギーを使うので行いません。さらに筋トレ後も高い負荷の筋肉トレーニングをしているとエネルギーをそこで使い果たして疲労しているので有酸素運動をするのは無理といえます。なので以下に詳しくのべます。

  • 筋肉に強く高い負荷を与える。ウェイトトレーニングで10回×3セットで自分に合った重量でおこなう。(怪我をしない重量から始める)グルコースをいかに十分に使い、筋肉を可能な限り追い込む(オールアウトする)効果があります。
  • 筋肉トレーニング後にはプロテインを飲む。 一日に必要な食事のたんぱく質は体重が70kgだと×1.5~2で105~140g必要です。鶏肉を140gではなくその中に含まれるたんぱく質になります。鶏むね肉100gでおよそタンパク質が23gとれることになります。なので手軽にタンパク質をおぎなえる安価で美味しいプロテインを摂取するのがおすすめです。脂肪を減らして同時に食事で炭水化物も摂取すると効果あり。
  • 有酸素運動はしない。有酸素運動を長時間やりすぎると筋肉を減少させる原因があるからです。グルコースを消費を招くので有酸素運動は避けたほうが良いです。

しかしながら筋肥大の前に持久力がなくてすぐ疲れてしまうんだけど。。。

そんな場合は有酸素運動を筋肉トレーニングの前に行います。ある程度高い強度で有酸素運動を行いその代わり筋トレは30分以内に抑えてその分有酸素運動を多くおこなえば体力、持久力がアップの効果があります。

以上が筋肥大の場合の効果のある筋肉トレーニング後の有酸素運動の時間配分ですがしなくてもよい説明になります。筋力増強か持久力に分けて考え有酸素運動の時間配分を決めてくださいね!

筋トレとウォーキング(有酸素運動) 順番は?1番効果的なダイエット,筋肥大,プロテインの3つの順番

スポンサーリンク

筋肉トレーニングと有酸素運動の時間配分3つの疑問,脂肪燃焼ダイエット,筋肥大の効果的な順番と時間を解説 /まとめ

「筋肉トレーニングと有酸素運動の時間配分3つの疑問,脂肪燃焼ダイエット,筋肥大の効果的な順番と時間を解説 」いかがでしたか?これらを知ってあなたに知って行動してほしいのです。

そのわけを3つもう一度以下に述べます。

  • 筋肉トレーニングと有酸素運動の時間配分、一緒に行っても問題がない良い理由
  • 筋肉トレーニング後の脂肪燃焼ダイエットに効果のある有酸素運動と時間配分と順番
  • 筋肥大の場合の効果のある筋肉トレーニング後の有酸素運動の時間配分

以上が筋トレと有酸素運動の時間配分の目的による効果的な順番になります。

Wikipedia筋力トレーニング

Wikipedia有酸素運動

上記をしっかり見直して自分の目的にあった効果的なトレーニングをおこないましょう。

それでは

この記事が参考になれば友達にシェアしてあなたも筋トレ博士になりましょう!

またフォロー ,いいね,をして最新情報をゲットして友達との話題にしてくださいね!

それではレッツボディシェイプ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました