筋肉トレーニングのやりすぎは逆効果!?回復しない人のための3講座

筋トレ やりすぎメニュー
スポンサーリンク

筋肉トレーニングを始めたころは熱中してやりすぎてしまうものですよね。トレーニングのやりすぎは筋肉にとって逆効果なこと知ってましたか?回復しないんだけど?

「痛さや炎症または腰痛のオーバーワークをしっかりと体のサインとして見極めてめないと。。。」 たしかに筋トレとはいったんは筋肉繊維を傷つける行為です。

そんなあなたに今回は筋肉トレーニングのやりすぎについてひとつひとつご紹介いいたします。

スポンサーリンク

筋肉トレーニングのやりすぎは逆効果、やりすぎの人の体のサイン。

筋肉トレーニングのやりすぎは逆効果、やりすぎの人の体のサイン。

筋肉トレーニングのやりすぎは逆効果、やりすぎの人の体のサイン。をご紹介いたします。体のサインを知って筋トレのやりすぎを感じていただくのには理由があります。

理由はいくら筋トレを頑張ってやり過ぎても思うように効果が現れないんです。厚生労働省eヘルスネット「筋力、筋持久力」https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/exercise/ys-092.html 人によっては生活に支障をきたすことにもなります。大きな怪我も起こしやすくなるので以下のことを注意してください。

  • 見た目の筋力がおちていく しっかりトレーニングをしていると少しずつ見た目が変わっていくもの、思うように変わらないのであればそれがオーバーワークになっています。
  • 筋肉痛が続く、慢性的な筋肉痛 筋肉痛が起きるのはそれは筋肉が損傷して回復するときに筋肉がつくのです。筋肉痛が常に続いているのであれば回復しきってないのです。
  • 疲労感が抜けない 寝不足でもないのに疲労感が抜けない状態です。体への負担が蓄積している状態になっています。筋肉だけではなく体全体疲労が溜まっている状態です。
  • パンプアップしない 筋トレが終わった後は血液やリンパが流れてパンプしている状態になります。オーバーワークだと血液、リンパの流れが十分に届かずパンプが起きにくくなっています。
  • 無気力感、倦怠感、不安感がある 精神的にも筋トレをやる気が起きない状態でいて、無理に筋トレをしないほうが良い状態でこれもオーバーワークのじょうたいです。

以上が筋肉トレーニングのやりすぎは逆効果、やりすぎの人の体のサイン。の説明になります。何事も限度がありますね。

スポンサーリンク

筋肉トレーニングのやりすぎで回復が遅いのは正しいやり方を行なっていない。

筋肉トレーニングのやりすぎで回復が遅いのは正しいやり方を行なっていない。

筋肉トレーニングのやりすぎで回復が遅いのは正しいやり方を行なっていないからなのです。

理由はただ単に筋肉を疲労させているだけなんです。厚生労働省eヘルスネット「レジスタンス運動」参照https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/exercise/ys-058.html「以下の正しいやり方を説明しますので注意しておこなってください。

  • 適切な頻度でおこなって、しっかり休養をとる。筋肉を成長するためには休養することも大事です。この時に筋肉痛があるのが基準で、筋肉痛がある場合はトレーニングを休みましょう。
  • 鍛える筋肉の部位を変えてトレーニングする。上記の筋肉痛がある場合は休養言いましたが、筋肉痛が無い部位をトレーニングして行えば休める部位と鍛える部位を効率的に行えます。
  • 適切なタイミングと時間を守る。夕方から夜の時間帯に筋トレを行う理由は日中で体が暖まった状態になっているからで、さらにお腹が減った状態でのトレーニングはエネルギーが足りないので筋肉を分解してしまいます。逆にいっぱいの状態は血液が食べたものを消化吸収に使われず消化不良をおこしてしまいます。
  • 筋トレを長時間行わない。長時間のトレーニングは体内テストステロンのホルモンが少なくなり、筋肉が成長しません。1時間以内のトレーニングを心がけましょう。
  • 栄養とカロリーの摂取をしっかり行い回復を促す。筋トレに必要なのはタンパク質だけではなく、脂質、炭水化物も必要です。バランスよく栄養素をとりましょう。
  • しっかりと水分補給を行う。筋トレしているとき意外でもスポーツをしている時は水分が必要です。尿が濃い状態であると水分が足りない状態なので、水をこまめに摂取して体の水分調整しましょう。

以上が筋肉トレーニングのやりすぎで回復が遅いのは正しいやり方を行なっていないからなのです。ご理解いただけたでしょうか?それでも筋トレの効果が出ないのは以下のような状態になっています。

スポンサーリンク

筋肉トレーニングでオーバートレーニング症候群(やりすぎ)になっている状態。

筋肉トレーニングでオーバートレーニング症候群(やりすぎ)になっている状態。

筋肉トレーニングでオーバートレーニング症候群(やりすぎ)になっている状態にあるんです。厚生労働省eヘルスネット「オーバートレーニング症候群」筋トレをやりすぎにならないようにしてもらいたいのです。

理由はトレーニングを長い時間続けていると慢性疲労が続いて回復しない状態もあるのです。それではいつも通りのパフォーマンスも発揮できません。また日常生活も体が重く感じて息切れしたりします。

詳しく3つ説明します。

  • オーバートレーニングで回復できない状態になっている。筋トレのやり過ぎで回復が追いついてない状態でさらに筋トレをしている状態なので休養をしましょう。
  • 筋トレの効果が出にくくなっている。
  • 精神面での影響もあります。精神的にリラックスしている状態でないと筋トレで怪我をする恐れもあるので行わず、ゆっくり時間をかけて自分のペースで精神的に安定している状態で行いましょう。

以上が筋肉トレーニングでオーバートレーニング症候群(やりすぎ)になっている状態。についての説明になります。

スポンサーリンク

筋肉トレーニングのやりすぎは逆効果!?回復しない人のための3講座/まとめ

「筋肉トレーニングのやりすぎは逆効果!?回復しない人のための3講座」いかがでしたか?もう一度まとめると

  • 筋肉トレーニングのやりすぎは逆効果、やりすぎの人の体のサイン。
  • 筋肉トレーニングのやりすぎで回復が遅いのは正しいやり方を行なっていない。
  • 筋肉トレーニングでオーバートレーニング症候群(やりすぎ)になっている状態。

以上が筋トレやりすぎだとゆうことがおわかりでしょう。自分のペースを守り体をしっかり休めてしっかり栄養をとり適切に筋トレを行いましょう。またプロのトレーニングを受けることでより効率的にボディメイクやダイエットができます。選ぶポイントは、継続できるかどうかジムが自宅に近いかで選びとよいでしょう。

それでは

この記事が参考になれば友達にシェアしてあなたも筋トレ博士になりましょう!

またフォロー ,いいね,をして最新情報をゲットして友達との話題にしてくださいね!

それではレッツボディシェイプ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました